はじめての方に『米こうじの取り扱い方法』

春になると、お嫁に行った私に実家の母が言った言葉を思いだします。
「縁あって、行った場所で咲きなさい。」と言われた事を。
なんとなく、なぐさめてくれるような甘い言葉でももらえるかと電話したんだけど。
そうだよな。種はまかれた場所でがんばっているもんな。
そう奮起した私でした。
もう何年も前、ずいぶん前に言われた言葉ですが、毎年、種まきの時期に思い出すのです。

米こうじ製造時期は今年の12月からはじまります。
こうじの取扱いについて基礎的なところをお話ししています。
知っていると役に立つかもニコニコ
なかがわ野菊の里HP
http://www.nogikunosato.com
チャンネル登録もよろしくお願いします。

伝統食材クリエーター にい きよ

伝統米の栽培を生業とし、伝統食クリエイターとして日本の伝統食材の魅力を発信しています。1300年の歴史を受継ぐ伝統黒米『弥生紫(やよいむらさき』を継承する12代目農家です。

0コメント

  • 1000 / 1000