黒米生活kiyo

好きになった人が代々続く家業を持っていた・・・そういう事ってありますよね。ご飯が大好きな私がお米を育てるのは、「味にうるさいお客さんが農園に住んでいるような感じだ」と言われています。

色々な人との出会いで、色々な食材に出会う事が出来るのはとっても嬉しい事です。
田舎暮らしはとってもおいしい!

たくさんの「おいしい」を伝えられますように。


記事一覧(15)

戦争の時も田んぼにいたんだ。

1945年(昭和20年)6月1日から7月24日までの間に、徳島県は7回の爆撃を受けています。徳島大空襲です。お米作りをしている我が農場では、田植えに向けて田んぼの準備がはじまりました。6月中旬から7月上旬にかけて、徳島の伝統米「徳ばん」、「弥生紫(黒米)」の田植えの時期です。毎年この時期になりますと、祖母や叔母から聴いた話を思い出します。徳島大空襲は、徳島市の上空に米軍のB29爆撃機129機が飛来し、死者は約1千人、負傷者約2千人。約2時間にわたって大量に投下された焼夷弾が民家や工場など、市街地の約6割を焼く被害がありました。市民の約63%が焼け出されました。市民約11万人のうち約7万人です。我が家は徳島市から少し離れたところにありましたが、爆撃機が音をたてて低空飛行で南から飛んできたそうです。当時幼かった祖母や叔母、家族の心は恐怖に押しつぶされそうだったと思います。防空壕に本来ならば逃げるところではありますが、それが出来なかったそうです。「お米を作る為」でした。田植えの真っ最中だったので、今植えないと、お米がとれないと、飢えと困窮が待っていたからです。背中に木や草、芝を紐でくくりつけ、爆撃機が上空を飛ぶときには田んぼの中で止まりじっと息をひそめ、通り過ぎると農作業を行い、飛行パイロットからは草にしか見えないようにしながら行ったそうです。それでも当時幼かった叔母は、飛行機をちらりと見てしまいました。「眼鏡をかけたパイロットの顔をいまでも思い出す。」そう言っていました。お米の種は毎年、毎年とる必要があります。一回の収穫が、確実に来年の栽培に影響します。我が家は12代目の米農家です。代々栽培しているお米があります。地域の歴史を伝えるお米です。私にとって、その重みは 命のおもさです。

阿波郷土料理『おみいさん』

  徳島伝統の食事に「おみいさん」があります。 人の名前じゃないですよ。 炊いたご飯の中に味噌とダシ(イリコ)、溶き卵、そして季節の具材(あまり多く入れ過ぎないのがコツ)を一緒にして炊き込んだものが「おみいさん」です。もちろん家庭により様々なこだわりがありますから、家によっても違ってきます。農繁期の忙しい時期などは特に簡便で健康に良く三拍子揃った料理です。鍋の底に付いた「おこげ」(焦げ目のついたもの)の味も旨味があって風味良く、この食味が大好きです。現代では食卓にのぼる回数が減りましたが、乳幼児から老人(歯が亡くなった方まで)まで消化吸収が良く栄養のバランスのとれた重宝なものです。阿波(徳島)の古人が生活の中から編み出した知恵ある食事の好例です。  グローバル社会の現代では世界中から情報が洪水のように降り注がれ、食事もその例外ではありません。世界中のメニューがどんどん持ち込まれ、その中から取捨選択されて、日本人にあったものに作り変えられ進化させて尚且つ生き残ったものがこれからの新しい日本の食文化として登場してくる事が予想されます。核家族化した現代社会では「おみいさん」を知る世代と知らない若者世代が離れ離れで、ややもすると伝えられず忘れ去られる運命に有ります。是非残して欲しい一品です。「おみいさん」は味噌の香りが程よく混ざり合い、ご飯がまろやかで、季節ごとの食材の風味が融け合って食欲をそそる「おふくろの味」です。四季の暮らしにまろやかな味を一品添えてみませんか。ぜひ一度「おみいさん」をお試し頂ければ幸いです。